学校法人白梅学園

Information

新型コロナウイルスに関連する対応

 中華人民共和国湖北省武漢市から感染拡大している新型コロナウイルスによる肺炎につきましては、1月31日、WHO(世界保健機構)により「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(※1)に該当すると発表されました。


 国内においても、指定感染症と定める等の政令が決定し、学校保健安全法に定める第一種感染症(※2)とみなされます。

 

 この感染症は、飛沫感染と接触感染でヒトからヒトへの感染が認められており、無症状感染者もいることがわかっています。外務省は、1月24日付けで武漢市を含む中国湖北省全域を「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」(※3)に、また1月31日付けで中国のそれ以外の地域も「レベル2:不要不急の渡航はやめてください。」と情報を更新しました。

 

 学生、生徒及び園児並び保護者または教職員の方々は、インフルエンザの予防と同様に、咳エチケットや手洗い(※4)等、通常の感染対策を徹底して行い、常に最新の情報を確認し、海外渡航におきましては、今後交通の制約がさらに拡大する可能性に備え、安全確保に細心の注意を払っていただきますようお願いいたします。

 

 なお、武漢市から渡航歴のある方、またはその方に接触された方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合にはマスクを着用するなどし、事前に医療機関へこのことを連絡したうえで受診してください。

 

学校法人白梅学園 理事長 井原 徹

白梅学園大学・白梅学園短期大学 学長 近藤 幹生

白梅学園高等学校 校長 青山 彰

白梅学園清修中学校 校長 山田 裕

白梅幼稚園 園長 山形 美津子

【関連リンク】

 

※1 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」

※2 学校保健安全法施行規則(第18条第1項「第一種」)

 

※3 外務省海外安全ホームページ

 

※4 厚生労働省(咳エチケット)

文部科学省

 

東京都感染症情報センター

pagetop